部門長・学科長挨拶

九州大学大学院医学研究院保健学部門長  九州大学医学部保健学科長  大喜 雅文

 九州大学医学部保健学科は、明治36年(1903)の京都帝国大学福岡医科大学附属医院看護婦養成科設置に遡る歴史があります。昭和46年(1971)には九州大学医学部附属の看護学校、診療エックス線技師学校、衛生検査技師学校を統合化して九州大学医療技術短期大学部を設置し、平成14年(2002)には看護学専攻、放射線技術科学専攻、検査技術科学専攻の3専攻を持つ医学部保健学科へと改組しました。これまで百年以上にわたり、多くの優れた医療従事者を社会に輩出しており、さらに平成19年には大学院修士課程、平成21年には博士後期課程を設置し、保健学分野の研究・教育を担う優秀な人材の育成へと歩みを進めています。

 保健学は、疾病や障害からの回復、疾病の予防や早期発見、健康の維持と生活の質の向上など、人間に対する健康支援を広く科学する学問です。また、個人の心身の健康のみでなく、少子高齢化の進む社会全体の健康の支援も目的とします。

 保健学科では、豊かな人間性と高い倫理観を持ち、高度化・多様化・国際化する医療に対応できる医療専門職者の育成を行っています。大学院教育においては、卓越した学識と高い研究能力を備えた研究者や教育者、医療専門職者のリーダーとして、わが国のみならずグローバルに活躍できる人材の育成を目標としています。

 九州大学の教育憲章では、教育の目的を「日本の様々な分野における指導的役割を果たし、アジアをはじめ広く全世界で活躍する人材を輩出し、日本及び世界の発展に貢献すること」としています。保健学科においてもアジア諸国と連携し、世界における保健学領域の教育・研究の拠点と成り、保健学の発展と人類の健康と福祉の向上に寄与することを目指しています。人々の幸せと健康を願い、私たちとともに保健学領域で活躍したいと思う皆さんの入学を心からお待ちしています。

ページ上へ