部門長・学科長挨拶

九州大学大学院医学研究院保健学部門長  九州大学医学部保健学科長  樗木 晶子

 我が国は、世界一の少子超高齢社会を迎えています。この事は医療の面では、急性疾患もさることながら、がんや高血圧、糖尿病、心血管疾患などの生活習慣病を中心とする慢性疾患をもつ人々が病気と共存して暮らす社会へと変化している事を意味します。九州大学病院ではこのような疾患に対して高度先進医療による診断や治療が行われ、多くの命が救われています。一方では、病気の治療を中心とする医療だけでなく、その予防、健康の維持・増進がますます大切となっています。これを推進するためには医師だけでなく専門性の高い看護師・放射線技師・検査技師などのメディカルプロフェッショナルの活躍が求められています。

 九州大学医学部保健学科は、1903年(明治36年)に設立された京都帝国大学福岡医科大学附属医院看護婦養成科を母体としています。1971年(昭和46年)には、九州大学医療技術短期大学部、2002年(平成14年) 九州大学医学部保健学科、2007年(平成19年)大学院医学系学府保健学専攻(修士課程)、2009年 博士課程、2015年 修士課程助産コースを設置し、高度医療専門職育成のための教育・研究システムを整えました。人間教育を基盤として、医療の高度化・多様化・国際化に対応できる優れた人材の育成に努めています。

 2年生になってから学ぶ九州大学医歯薬キャンパスは、諸外国に開かれた、進取の気風に富む博多の町にあり、医療・生命科学分野の豊かな教育・研究環境が整備されています。保健・医療の基本から最先端の技術や知識を様々な領域から集まった教員とともに学ぶことができます。既存の知識を得るだけでなく、好奇心を持って何事にも取り組み、伴に切磋琢磨できることを願っています。

ページ上へ