大学院を目指す方へ

ご挨拶

九州大学大学院医学研究院保健学部門長  九州大学医学部保健学科長  大喜 雅文

九州大学医学部保健学科の歴史は、1903年に京都帝国大学福岡医科大学附属医院に看護婦養成科が設置された時に始まります。2002年には3年制の九州大学医療技術短期大学部から看護学専攻、放射線技術科学専攻、検査技術科学専攻の3専攻を持つ現在の医学部保健学科へと改組しました。これまで百年以上にわたり、多くの優れた医療従事者を社会に輩出しています。さらに2007年には大学院保健学専攻修士課程、2009年には博士課程を設置し、保健学分野の研究・教育を担う優秀な人材の育成へと歩みを進めています。また、国外からの学生に向けては2011年に修士課程においてアジア保健学コースを設置し、2013年には博士課程において国際コースを設置しました。

保健学は、疾病や障害からの回復、疾病の予防や早期発見、健康の維持と生活の質の向上など、人間に対する健康支援を広く科学する学問です。個人の心身の健康のみでなく、少子高齢化の進む社会全体の健康の支援も目的とします。われわれの大学院保健学専攻においては、卓越した学識と高い研究能力を備えた保健学の研究者や教育者として、または医療専門職者のリーダーとして、わが国のみならずグローバルに活躍できる人材の育成を目標としています。保健学の研究を通して、人々の健康と福祉に貢献したいと思う皆さんの国内外からの入学を心からお待ちしています。

ページ上へ