大学院を目指す方へ

修士課程 医用量子線科学

高度化する医療に対応できる人材を育成。

医用量子線科学分野は、放射線医学と医用理工学に関わる学問分野です。臨床現場での実践的指導者、大学研究者、企業での新しい医療機器開発者などへ発展する人材を育成します。基礎放射線科学領域、医用放射線科学領域の2領域があります。

基礎放射線科学領域では、光子、粒子線などの量子線の発生と計測、分子機能画像、形態画像の基礎となる生体物質との相互作用、量子線の生体効果、生体情報抽出、イメージング等に関する教育・研究を行います。

医用放射線科学領域では、光子や粒子線などの量子線を用いたさまざまな画像診断機器で得られる医用画像の特徴、画像の解析、画像情報の管理、複数のモダリティを組み合わせた画像情報の利用法やコンピュータ支援診断システムなどの臨床的テーマについて教育・ 研究を行います。

ページ上へ

カリキュラム

単位の修得

  • (1)共通科目の中から次の3科目5単位を含む7単位以上を選択履修する。
    保健学研究論:2単位、国際社会とチーム医療:2単位、保健・医療とIT:1単位
  • (2)専門科目:14単位以上
    指導教員の指定する分野の専門科目の特別研究10単位を含む14単位以上を履修する。
  • (3)残りの9単位以上は、共通科目、各分野専門科目から選択履修する。
  • (4)専門科目については、専攻内の他分野の専門科目を履修することができる。

共通科目

授業科目 単位数
先端医療論 2
保健学研究論 2
国際社会とチーム医療 2
保健・医療とIT  1
医療安全管理学  1
医療と生命倫理 2
がん医療支援論 2
コンサルテーション論 2

専門科目/医用量子線科学分野

授業科目 単位数
分子機能画像科学論 2
量子線治療科学論 2
基礎電磁波論 2
基礎量子力学 2
医用画像情報科学論 1
医学物理情報理論 2
医用画像科学論 2
医用線量計測学 1
分子機能画像科学演習 2
量子線治療科学演習 2
医用量子線理工学演習 2
医用画像情報科学演習 2
医用量子線科学特別研究 10

ページ上へ