大学院を目指す方へ

博士(後期)

 医療の役割が疾病の診断と治療から予防や健康増進へと拡大されるのに伴い、病む人だけではなく全ての人々が健やかで人としての尊厳に満ちた生活を営むことが求められています。このような背景から、看護学、医用量子線科学(放射線技術科学)、検査技術科学など保健学領域の専門職者が現代社会で果たすべき役割は急速に増大しつつあります。

 九州大学では、2003年(平成15年)4月に医学部保健学科を設置し、保健学領域における高い教養と豊かな人間性を有し、現代社会が求める医療を提供しうる人材、さらに教育者・研究者へと発展可能な人材の養成を開始しました。さらに、2007年(平成19年)4月には「保健学領域において、創造性豊かな優れた研究・開発能力を有する教育者・研究者、研究マインドをもった実践的指導者や組織リーダー」の養成を目的として医学系学府保健学専攻修士課程を設置しました。

 その後、2009年(平成21年)4月に医学系学府保健学専攻博士後期課程を新たに設置しました。これにより、保健学領域における豊かな学識の滋養を基盤としつつ、自立した研究活動を行う能力を持つ教育者・研究者、看護・医療技術領域における実践能力と高い教育・研究能力を併せ持つ人材の養成を行っているところです。同一キャンパスでは、医学、歯学、薬学の博士課程教育が既に実施されており、医療に関連した多領域の有機的な連携を推進し、保健学領域における教育・研究の拠点を形成することにより、その成果を地域社会・国際社会へ還元しています。

九州大学大学院医学系学府保健学専攻博士後期課程の概要

ページ上へ

アドミッションポリシー

本専攻では、保健学領域を専門分野とし、教育者・研究者として自立した研究活動を行う者や臨床現場や企業等において研究マインドを持った実践的指導者として活躍する意欲のある次のような人を優先して選抜します。

  • 幅広い人間性と高い倫理観を持ち、生命の尊厳や病む人の心を理解する深い感性を有する者
  • 保健学専攻の教育を受けるための基礎学力を持ち、博士後期課程においてより深い専門性と論理的思考方法を修得し、その成果を地域及び国際社会の健康増進に貢献する意欲のある者
  • 保健学に対する強い興味と本質への高い追求意欲を持ち、主体的勉学と自己啓発に積極的である者
  • 博士後期課程を修了し、将来、保健学系大学における教育者・研究者となり、国民の健康増進に寄与する強い意志のある者
  • 科学的知識や方法論を学び、高度先進技術を修得 し、保健学領域において自立した研究能力を併せ持つ実践的指導者として国民の健康増進に寄与する強 い意志のある者
  • 保健学系以外の学部および修士課程卒業者について は、保健学専攻教育を受けるための十分な能力を備えていると特に認められる者

ページ上へ